濁河温泉

濁河温泉は長野県と岐阜県の県境にあり、
日本百名山の一つで古くから信仰の山であった御嶽山(=御岳山、3067m)の6合目付近、
1800mの高地に湧く秘湯である。
群馬県の万座温泉とともに、複数の宿がある温泉地としては日本最高所にある。
a0165725_1821564.jpg
a0165725_18212781.jpga0165725_18215355.jpg
a0165725_18524639.jpg
a0165725_1822434.jpg
a0165725_18221654.jpg
a0165725_18223395.jpga0165725_18224135.jpg
[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-21 18:23 | | Comments(0)

西安 中心街

.
a0165725_18431546.jpg
a0165725_18432660.jpg
a0165725_18433855.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-20 18:43 | | Comments(0)

西安市内

西安市内 朝の様子
a0165725_21414941.jpg
a0165725_2142097.jpg
a0165725_2142969.jpg
a0165725_21421770.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-14 21:42 | | Comments(0)

西安 鼓楼

西安の中心地、
城壁内にある木造建築で、すでに600年の歴史がある。高さは36メートル。
見た目は三階あるように見えるが、中に入って見ると二階しかな い。
釘を一切使わず、継ぎ目のない一本柱様式の珍しい建物である。
上部には大きな鐘が一つ吊るされ、昔はは人々に時を知らせていたという。
600年の歴史 がある木造建築で、見た目は三階あるように見えますが、
中に入ると二階建てであることがわかります。鐘楼から見た鼓楼には、 大きな太鼓がある 。
a0165725_1234166.jpg
a0165725_1235083.jpg
a0165725_1210321.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-13 12:04 | | Comments(0)

西安 城壁

陝西省 
現在の西安城壁は、唐の長安城を基に、明の時代にレンガを積み重ねて築いたものである。
長さ13.7km、高さ12m、上部の幅12m、底部の幅15m、面積11.5平方m。その規模は中国一を誇る。
街の中心地の四方を囲んでおり、東西が長く、南北に短い造りになっている。
東西南北4つの門には、物見櫓である城楼や、矢を射る窓などが設けられている。
安定門ともいわれる西門からは、シルクロードを望むことができ、
ここから多くの人々が西を目指して出発したという。
西門と南門(明徳門)は現在観光スポットとなっており、城壁の上にのぼって市内を一望することができる。

a0165725_17421914.jpg
a0165725_17422867.jpg
a0165725_17424381.jpg
a0165725_17425393.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-11 17:43 | | Comments(0)

西安 城壁

.
a0165725_2330875.jpg
a0165725_23302153.jpg
a0165725_23303291.jpg
a0165725_23321473.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-08 00:07 | | Comments(0)

西安 城壁

中国 西安 永興坊
a0165725_9433511.jpg
a0165725_9435048.jpg
a0165725_944079.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-09-07 09:44 | | Comments(0)

西安 城壁

西安市内を周囲14kmにわたって囲む城壁である。
現存する城壁は唐の長安を基礎にして、1370年から1378年にかけてレンガを積み重ねて作られた。現在までに度々修復が行われ今の姿になっている。

城壁は東西に長く南北に短い形となっており、東側の文昌門、西側の安定門、南側の永寧門、北側の安遠門と東西南北に門が4つある。西側の安定門は城壁の中で最大の門であり、シルクロードの発着点として栄えていた。

城壁の規模は、長さ東面2,590m、西面2,631m、南面3,441m、北面3,244mで、高さは12m、頂部の幅12~14m、底部の幅は15~18mである。
城壁には120mおきに見張り台が作られ、城壁の外周には98の敵楼を設けられ、その上に櫓が築かれている。城壁の四角に角楼が設けられており、城壁の外側には堀がめぐらされている。
城壁の周囲はすべてが繋がっており歩いて回ることは可能だが、東西南北それぞれの長さを見てわかる通り歩いて回るのは難しい。

600年以上前に建てられたこれだけの遺跡が現在も市街の中と外とを繋ぐ門として機能していることは、歴史的に見ても意義深いものである。
a0165725_22523384.jpg
a0165725_22532462.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-08-30 22:52 | | Comments(0)

西安 鐘楼

西安鐘楼 は、中国陝西省西安市にある鐘楼。
明朝初期の洪武帝の時代の1384年に建てられ、
西安市のシンボルとなった。当初は広済街にあったが、
1582年に現在の場所に移された。中国国内では有数の大きさである。
鐘楼には、唐時代かの、青銅製の鐘も多く存在している。
a0165725_2315973.jpg
a0165725_232822.jpg
a0165725_2314689.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-08-25 23:02 | | Comments(0)

華清池

華清池は西安から東に30キロ離れた驪山(リーシャン)の麓にある温泉地で 玄宗皇帝と楊貴妃が過ごした。
a0165725_8551116.jpg
a0165725_8552254.jpg
a0165725_8553045.jpg

a0165725_9124073.jpg

a0165725_9142026.jpg

[PR]
# by haruka-18 | 2015-08-24 08:55 | | Comments(0)