<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

穏やかな日曜日

この時期でこの陽気なんかおかしいのでは、
寒いのは嫌いであるが、もう少し冷え込んでくれないと
この時期に見られる小鳥さんが見られない。数も非常に少なく感じる今日この頃
でもかなり多くのツグミがきたので、いよいよシーズン到来かな??
a0165725_20435529.jpg
a0165725_2052191.jpg
a0165725_2112528.jpg
a0165725_21191028.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-28 20:43 | アトリ | Comments(0)

秋の山間

今秋はじめてのイソヒヨドリの撮影が出来て満足な日であった。
朝の天気予報では、午後から前線通過時に一時的に雨が降る見込みであったが、
あいにく雨に降られなく楽しい休日の一時を過ごす事がで出来た事に感謝
a0165725_2144720.jpg
a0165725_21143682.jpg
a0165725_2126880.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-23 21:04 | イソヒヨドリ | Comments(0)

土管

土管て味わいがありますね、いまでは化学製品がほとんどではないかと思うくらい。
目にしなくなった、幼少の頃は土管でかくれんぼ・等などなど遊んだ頃の事がふつふう
と思い浮かんでくる。幼い頃は色々と物事を深く考えなく育った性で、大人になってからは
何をするにも他の事も考え生きていく、もう少し純粋に生きたと思う今日この頃



 今日は素敵な一日あった。日頃見かけない物を目にするて僅かな脳を針で刺激された感覚

a0165725_194204.jpg
a0165725_2028071.jpg
a0165725_22362056.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-21 19:41 | コチョウゲンボウ | Comments(0)

遅い秋のおとずれ

朝が起きずらくなる時期ではあるが、山の寒い所に行くか平地の穏やかな場所に
行くか迷う今日この頃ではあるが、見たいもの見たさはでどうしても厳しい寒さの所へ
足が向いてしまう、平地は人が多いが山へ行けば。殆ど人影を見ることすらないので
おもいきり自然の風 音 空気を感じる事が出来る。
a0165725_7502810.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-17 07:50 | Comments(0)

氷点下

今秋はじめての氷点下を体感する。山へ熊鷹の様子を見に行くが
姿を現してくれない。気温-1度から3度前後の気温車から外出て待つが、
寒さには耐えられなくて車の中から、双眼鏡で様子を窺う・次回に期待したい。

全長オス約75cm、メス約80cm。翼開長は約160cmから170cm。日本に分布するタカ科の構成種では大型であることが和名の由来(熊=大きく強い)。胸部から腹部にかけての羽毛は白く咽頭部から胸部にかけて縦縞や斑点、腹部には横斑がある。尾羽は長く幅があり、黒い横縞が入る。翼は幅広く、日本に生息するタカ科の大型種に比べると相対的に短い。これは障害物の多い森林内での飛翔に適している。翼の上部は灰褐色で、下部は白く黒い横縞が目立つ。

頭部の羽毛は黒い。後頭部には白い羽毛が混じる冠羽をもつ。この冠羽が角のように見えることも和名の由来とされる。幼鳥の虹彩は褐色だが、成長に伴い黄色くなる。
[PR]
by haruka-18 | 2011-11-16 22:54 | Comments(0)

コチョウゲンボウ

今日は、昨夜から行く予定の北陸遠征取り止め
早朝より行動・・まずは、あさマックで大好物のエッグマックマフィンを買い込み
田圃の畦で夜明けのcoffeeを一口飲み、日の出を待つその間にエッグマックマフィン
を口にほうばり、何か幸福を感じる一時である。眩い太陽を横目で見て行動開始
コチョウゲンボウが出迎えてくれた。でも頭の中は北陸へ行けばどの様な展開になっていたんだろう
て、つまらん事を考えても見るがどうしょうもないし・・コチョウゲンボウ君に遊んでもらうしかないか、
a0165725_20313932.jpg
a0165725_20365728.jpg
a0165725_20472599.jpg
a0165725_20574667.jpg
a0165725_21316100.jpg
a0165725_21111128.jpg
a0165725_21112439.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-13 20:31 | コチョウゲン | Comments(0)

ノゴマ雄

ドライブーを兼ねて都市公園へ様子を見に行く,
公園の近くの方にお世話になり、色々とお教え頂き助かりました。
暗い場所ですがなんとか、写す事ができて大変楽しい一日でした。アオジ ルリビタキも入っていましたが、
ルリビタキは、写す事が出来ず次回に持ち越し・・この時期にまだこの子が居る事が夏鳥と冬鳥の入れ替わりが遅れている事が感じられる
a0165725_205515.jpg

a0165725_2181973.jpg
a0165725_23141666.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-07 20:55 | ノゴマ | Comments(0)

最初に出迎えて

最初に出迎えてくれた鳥さんは、アトリ ジョウビ・
今年は何処へ行っても時期が早いて感じかな?
でもどの子も可愛いくていいもんです。もう少し冷え込むといいかな、
a0165725_716162.jpg
a0165725_7162940.jpg
a0165725_7201637.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-05 07:16 | Comments(0)

今秋初のジョウビタキ

今秋初のジョウビタキを写す。~
a0165725_7561820.jpg
a0165725_7585256.jpg
a0165725_825588.jpg
a0165725_823141.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-04 07:56 | ジョウビタキ | Comments(0)

ヤマヒバリ

ウラル山脈より東のシベリア北部で繁殖する。冬季は南下して、中国北部、朝鮮半島などに渡って過ごす。日本では、北日本や日本海の離島に冬鳥として少数が渡来する。年変化があり、見られない年もある。オンライン野鳥図鑑より・・
a0165725_22292753.jpg
小雨がふりしきる中でブッシュから出てくる。
ヤマヒバリを待つがなかなか出てこない子を見る事が出来た。~~
a0165725_22332373.jpg
a0165725_22504970.jpg
a0165725_23273773.jpg
a0165725_23491140.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2011-11-03 22:29 | ヤマヒバリ | Comments(0)