カテゴリ:アオバズク( 2 )

アオバズク

フクロウ目フクロウ科の鳥。和名は、野山に青葉が茂るころに渡ってきて鳴き出すフクロウを意味する。
中国からインドにかけて、また南はインドシナ、フィリピン、スンダ列島まで、
アジアの温帯、熱帯の森に広く分布しており、
北の地方のものは南へ渡って越冬する。
a0165725_639115.jpg
a0165725_23253455.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2012-07-18 06:24 | アオバズク | Comments(0)

アオバズク

フクロウ目フクロウ科の鳥。和名は、
野山に青葉が茂るころに渡ってきて鳴き出すフクロウを意味する。
中国からインドにかけて、また南はインドシナ、フィリピン、スンダ列島まで、
アジアの温帯、熱帯の森に広く分布しており、北の地方のものは南へ渡って越冬する。
全長約29センチメートル。日本では夏鳥で、人家近くの森にもすみ、
ホーホーという鳴き声が一般にフクロウの声として親しまれている。

チゴハヤブサが、営巣している隣の大木でこの子が営巣している。探せば他の鳥さんも
近くで営巣してるかも??
a0165725_0163213.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2012-06-14 00:16 | アオバズク | Comments(0)