ホシガラス

スズメ目カラス科の鳥 全長約35cm。体は黒褐色で,顔,背中,
下面には密な白色斑がある。この体の白い細かい斑紋からホシガラスの名がある。
下尾筒と尾羽の先端は白い。ユーラシア大陸の亜寒帯および亜高山帯に分布し,
主として針葉樹林に生息している。
日本では北海道,本州,四国の標高約1500m以上の針葉樹林帯からハイマツ帯で繁殖し,
冬には低山帯におりてくるものもある。ガーガーとしわがれた声で鳴き,
またネコの声に似たミャーという変わった声も出す。・・・
今年の出会いは、どの様なかたちで出会わす事が出来るのか?・・
a0165725_029177.jpg

[PR]
by haruka-18 | 2012-07-26 00:29 | ホシガラス | Comments(0)
<< 御嶽山 濁河温泉 森の熱い夜・・ >>